時効援用で失敗しない!

時効援用制度を利用する上で失敗しないために

 

刑事ドラマやニュースなどで時効という言葉を一度は耳にしたことがある人も多いはずですね。

 

この場合の時効というのは罪を犯した人が一定期間経過することで法律で罰せられることを免除されることを指します。

 

しかしこの時効はお金の貸し借りにも存在するのです。

 

消費者金融などからお金を借りて返済していない場合だけでなく携帯の電話代などの支払に対しても時効というものが存在します。

 

ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談窓口

FD:0120-263-212

アヴァンス行政書士法人
消滅時効の援用
無料でお問合わせ

FD:0120-141-054

アヴァンス行政書士
法人で信用情報開示

FD:0120-159-028

アヴァンス行政書士法人

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション

 

 

消費者金融や銀行などの貸金業者からお金を借りた場合には5年、借りた相手が個人の場合は10年などとケースによって時効までの期間が決まっています。

 

この時効は何もせずに規定の期間が経過したから時効になるというわけではありません。

 

時効の効力を発揮させるには借り手は時効が成立したので借りたお金は返しませんという意思表示が必要なのです。

 

お金を借りた人が意思表示をすることを時効援用といいます。

 

この時効の援用を行うためにはいくつかの条件があります。

 

時効援用の条件を満たすことで初めて時効の援用が行えます。

 

その条件というのは一つ目に返済していない期間が規定の期間経過している事と二つ目に時効が中断されていないことです。

 

この条件を満たして時効制度を利用すると借主に伝えることで時効援用が成立します。

 

一つ目の条件は返済していない期間あるいは最後に返済した時から規定の期間が経過していれば良いので借り手側である自分で把握することが可能です。

 

問題は二つ目の時効が振り出しに戻っていたり中断していないという部分です。

 

貸し手側が行動を起こしたり借り手側が借金の事実を認めた場合に時効の中断や時効の振り出しが起こるのです。

 

貸し手側の行動とは具体的に裁判所に請求の訴訟を起こしたり差し押さえなどの手続きを請求したりすることです。

 

これが認められればその期間時効は中断します。

 

そして時効援用を行う上で最も注意するべきは借り手側が借金の事実を認めた場合というところです。

 

時効が中断しているにもかかわらずその期間を考慮せずに時効制度を利用すると伝えた場合借り手側が借金の事実を認めたと判断されるのです。

 

時効援用制度を利用しようとして失敗する人の多くがこの部分で失敗します。

 

時効援用を失敗しないためにも自分ひとりで手続きをするのではなく専門家に相談して対応してもらうことが大切です。

ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談窓口

FD:0120-263-212

アヴァンス行政書士法人
消滅時効の援用
無料でお問合わせ

FD:0120-141-054

アヴァンス行政書士
法人で信用情報開示

FD:0120-159-028

アヴァンス行政書士法人

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション