借金の時効援用で失敗する人と失敗しない人

jikouenyo-miss01

 

クレジットカードや銀行ローン・おまとめローンに自動車ローン、消費者金融にキャッシング!すべての借金には時効があります。借金の時効は5年以上経過した後に時効の援用で時効が完成し、晴れて借金ゼロになるんですね!

 

ただし債権者側も黙って指をくわえてあなたが時効になるのを待ってくれてるワケではありませんよ。請求書を送ってきたり電話をかけてきたり債権譲渡で請求側の名前が変わる場合もあれば、弁護士に債権回収を依頼してくる場合もあります。一応に書面の内容には一括請求に法的措置をとるなんておっかない内容ですね。

 

ここからは失敗しない時効援用方法と時効の援用が失敗しないための注意点を伝授します。興味があれば読み進めてくださいね。

ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談窓口

FD:0120-263-212

アヴァンス行政書士法人
消滅時効の援用
無料でお問合わせ

FD:0120-141-054

アヴァンス行政書士
法人で信用情報開示

FD:0120-159-028

アヴァンス行政書士法人

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション

 

借金の時効援用で失敗する人と失敗しない人の違いとは

jikouenyo-miss02

 

借金の時効援用を失敗してしまうケースってパターンがあって、ついそのときの気分で行動してしまうとミスしやすいみたい。

 

失敗する人としない人の例を挙げると

 

借金の時効援用が失敗する人

・知識のないまま自分で行動を起こすタイプの人
・知識がなく、債権者に対してどんな対応をとっていいかわからない
・すぐにパニックしてしまう人
・全部自分でやらないと気が済まない人
・何も考えないでとりあえずで行動する人

 

借金の時効援用が失敗しない人

・スグに行動せず、知識を身につけ武装する人
・専門家に相談する人
・自分の信用情報を確認する人
・あわてず冷静に行動できる人

 

何年も放置してきたのに、久しぶりに催促状がとどいてあわてて指示通りに連絡したら、金融会社に有利になるに決まってるじゃないですか。むしろドッシリ構えて対処できる人は時効に失敗せず切り抜けてますね。

 

ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談窓口

FD:0120-263-212

アヴァンス行政書士法人
消滅時効の援用
無料でお問合わせ

FD:0120-141-054

アヴァンス行政書士
法人で信用情報開示

FD:0120-159-028

アヴァンス行政書士法人

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション

 

 

借金の時効援用が失敗する原因を理解しよう!

jikouenyo-miss03

 

借金の時効援用に失敗する原因のほとんどが自分から貸金業者に連絡したせいで認められなかったそう。

 

時効には時効期間が中断される事柄(中断事由)があって、特に多いのが債務の承認(借金を認めてしまうこと)と言われています。

 

債務の承認っていうと何だかわからないですが、簡単に説明すると借金を認めるような言動をすることです。

 

わかりやすい例をあげると


ケース1

弁護士名義で送られてきた請求書に法的手段をとりますと書かれて、慌てて電話して「来月払いますから裁判所だけは」と言ってしまった。


ケース2

クレカ会社から電話があり、「返済がきついのでもう少し待ってください」と答えてしまった。


 

請求書が届いたのがきっかけで債権者(銀行やカード会社などの金融機関)に連絡してしまうと時効が中断されて再スタート。

 

時効の中断時効には他にも裁判所に訴えられて支払督促がおくられてきた、強制執行(給料の差し押さえなど)をされると時効期間が10年に変わりますが、債務の承認が原因で失敗した理由になることが圧倒的に数が多いんです。

 

時効を中断させないためにも金融機関の請求書や催告書は基本無視で、裁判所から書類が届いていないかだけ気をつけて時効期間が過ぎれば、いよいよ時効手続き(時効の援用)にはいりましょう。

 

正しい借金の時効援用方法

jikouenyo-miss04

 

中断事由に当てはまっていなくて時効期間が過ぎていれば自分で時効援用通知を送ってしまおう!

 

時効が完成するには貸金業者に「時効期間が過ぎているので援用します」と伝えなければいけません。あなたの時効の意思を伝える方法が時効援用の通知書を送ること。手続き自体は簡単なので自分自身で援用手続できます。

 

時効援用の正しい方法は内容証明で時効援用通知を送ります。電話など口頭や普通郵便で時効援用すると伝えると、いつ援用すると言ったのか、手紙を出したのかを証明できないで後々トラブルに繋がりますから、郵便局に手紙の内容や提出日が記録に残る内容証明で送るのがベスト。

 

時効援用通知書に書く内容について

・借りたときの契約内容や日付
・時効期間が過ぎ時効が成立していること
・時効援用する意思があること
・あなたの氏名や住所・電話番号
・時効援用通知書を出す日付

 

あと通知書の最後に「信用情報機関へ速やかに事故情報を削除するようお願いします」と一言付け加えておきましょう。

 

内容証明にかかる費用

あなた自身で通知書を出すならかかる費用は内容証明を送る代金ぐらいで援用先1社ごとに1,250円程度ですみます。

 

 

援用手続き自体は簡単なので通知書をつくる手間さえクリアできればすぐにでも出せますね。

 

ただあなた自身が時効援用する場合は失敗するリスクも自己責任で。時効期間が過ぎてないか、中断されるような行動はしてないかは事前にしっかり確認しておきましょう。

 

正しい借金の時効援用を専門家に依頼する方法

jikouenyo-miss05

 

あなた自身で時効援用するのは心配というなら、弁護士や司法書士に依頼することもできます。

 

弁護士にツテなんて必要ありません。インターネットで探せば弁護士事務所や法務事務所は数多く見つかりますし、法テラスや役所から紹介してもらうこともできます。

 

ただいきなり依頼するのは不安があるのは当然、まずあなたがすべきはネットで無料相談。

 

まずは時効援用の実績のある事務所を選びましょう。時効に力をいれている事務所なら無料相談窓口を設置していることも多いので好都合。

 

2〜3箇所ぐらいに話を聞いてもらって、相談したときに話を親身に聞いてくれて好印象だったトコロに依頼することをオススメします。

 

ただ依頼前に費用については聞いておくべき。時効援用の相場は1社あたり30,000〜50,000円程度ですからあまり高い依頼料をとるようなら避けたほうが無難です。

 

専門家にまかせておけば、豊富な知識で時効失敗を防いでくれますよ。

 

時効援用後のデメリットとは

jikouenyo-miss06

 

時効援用には失敗のデメリットと成功した後の避けられないデメリットがあるんです。

 

失敗した場合と、成功した後にわけて説明していきますね。

 

時効援用に失敗したときのデメリット

時効援用に失敗するとおきることは
・時効援用先から請求書や催促の電話が増える
・裁判所に支払督促を申し立てられ時効期間が10年になる
・財産の差押えをされそうになる
・一括払いを要求される

などでしょうか。

 

頻繁に督促状が届くことで家族や近所に借金の滞納がばれる可能性も高くなりますね。

 

時効援用に成功後のデメリット

失敗とは逆に成功した後にもデメリットはあります。
・信用情報に事故情報が書かれて5年間は消えない
・クレジットカードや銀行ローンの審査に落ちる
・時効援用した会社の内部でブラックリスト入りしてしまう
・割賦払いができない

 

時効援用で返済義務が消えるというのは、金融機関からみたらお金を貸したら踏み倒されたという意味になります。

 

お金の貸し借りに関して、あなたは信頼を裏切ってしまった立場なので、すぐには信用してもらうことができません。

 

そのため、異動情報が消えるまでの5年間はブラック扱いされますし、時効援用先からは内部ブラック扱いでずっと契約しようとしても断られ続けることになります。

 

借金の時効援用に失敗したときの対処方

 

もしあなたが時効援用に失敗してしまったら弁護士や司法書士に対処方を相談するべきです。

 

専門家に相談することで、あなたの状況に合わせたアドバイスがもらえます。

 

時効援用したというのは借金をチャラにしようとする気があると判断されて、裁判所に申し立てされて時効期間が5年から10年になってしまうかもしれません。

 

借金を一括返済できなければ任意整理で和解するなど、月々の負担が軽くなるような対策法を提案してくれますよ。

 

あなたが時効援用する時は失敗しないよう気をつけて

jikouenyo-miss07

 

借金の時効援用で失敗する人と失敗しない人の違いがわかったでしょうか?

 

急に昔の借金の督促や請求が来ても慌てず冷静に対応することが肝心ですね。

 

決してコチラから相手に電話確認なんてもってのほかです。

 

もう一つ気を付けなければならないことがありました。

 

裁判所からの通知は必ずすぐに開封して確認してください。遅くなるとあなたに法的な措置が執行されてしまうかも。

 

早めに対処しないで放置すると最悪は財産や給料の差し押さえされることになっちゃいますよ。

 

あなたの借金時効が失敗しないで無事に完成しますように!