クレジットカード時効援用

 

クレジットカード時効援用の方法を理解できれば怖いものなし!

 

借金に時効があるようにクレジットカードにも時効があります。
クレジットカードの時効は5年、援用手続で支払い義務がなくなります。

 

クレジットカードの時効援用とは、クレジットカードの借金が法で定める一定期間を経過し時効消滅していれば時効援用手続きをおこなうことで借金の支払いを免れることができるというものです。

 

一定期間とは、クレジットカードの借金は商事債権にあたるので5年です。また、5年が経過しただけでは借金の支払い義務が無くなったわけではありません。借金をしている債務者が債権者(お金の貸し主)にたいして時効だということを主張して初めて時効が成立し借金の支払い義務が無くなるのです。このことを時効の援用と言います。

ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談窓口

FD:0120-263-212

アヴァンス行政書士法人
消滅時効の援用
無料でお問合わせ

FD:0120-141-054

アヴァンス行政書士
法人で信用情報開示

FD:0120-159-028

アヴァンス行政書士法人

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション

 

クレジットカード時効援用

 

クレジットカードの時効援用を正しくおこなうことで借金を支払わずに済み、借金の催促が来ることもなく、安心した生活が手に入るのです。

 

しかし、手放しで喜んではいけません。

 

せっかく、時効になる年数が経過していたとしても、間違った行動を取ってしまうと時効が成立しなくなってしまう場合があるからです。

 

時効を完成させるためには時効援用ができる条件がそろっていなければなりません。

 

私の考えでは、クレジットカードの時効援用を知識の無いままおこなうのは無謀だと思います。債権者はただ、あなたの時効を黙認するわけでは無いということ。クレジットカード会社の債権回収の担当者も借金回収のプロです。

 

闇金のように乱暴な暴言を吐いたり、脅すようなまねは、決してしませんが言葉巧みにあなたに借金が残っていることを認めさせようとしたり、大幅な借金の減額をおこなうなどといいながら時効の中断を図ろうとします。自分でクレジットカードの時効援用をおこなうには、高いリスクがともなうのです。

 

 

一度、借金を認めてしまえば時効の期間を経過していても時効の利益を放棄したと見なされ、時効の援用をおこなうことできなくなります、さらに時効期間もリセットされてしまい、振り出しに戻ってしまうのです。

 

 

クレジットカードの時効援用で不安に思うことがあれば専門家に相談するのが一番の安全策です。

 

借金の時効に失敗してしまえば、今までの借金に遅延損害金など想像以上に膨らんだ金額の請求があなたの生活を圧迫することになるのです。

 

時効援用を扱う司法書士では、あなたのクレジットカードの時効が援用できるか無料で診断をおこなってくれますよ。

 

ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談窓口

 

FD:0120-263-212

アヴァンス行政書士法人
消滅時効の援用
無料でお問合わせ

FD:0120-141-054

アヴァンス行政書士
法人で信用情報開示

FD:0120-159-028

アヴァンス行政書士法人

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション

 

 

 

クレジットカード時効援用

 

あなた自身の手で時効援用をする場合の流れがコチラ。

 

請求書や催告書・督促状の中身を確認

クレジットカード会社からの請求書などが届いたら、
捨てたり放置しないで中身を確認してください。

 

↓ ↓ ↓

 

時効にできるか確認
パソコンやスマホで時効にできる期間や条件を検索。
※通帳や振込用紙、家計簿、スケジュール帳などで最後に返済した日がわかればベスト。

 

↓ ↓ ↓

 

無料相談を受けてみる
時効期間や時効援用の方法など分からないこと、不安な点があれば、
弁護士や司法書士、行政書士に相談ができます。
電話やメールで専門家のアドバイスを聞くのは決して損しませんよ。

 

↓ ↓ ↓

 

時効援用通知書の作成
時効援用通知書の書き方を調べて作成。
通知書が完成したらクレカ会社に内容証明郵便で送付します。

 

↓ ↓ ↓

 

時効援用の成立で借金はチャラ!
時効の援用に成功すれば借金の返済義務が消滅し、
二度と請求されることがありません。

 

クレジットカード会社から請求がきても今まで通り無視すればいいというのは危険です。
借金は放置して時間が経つ毎に利息などで膨れあがっていくので、放置し続けるのと時効援用して返済義務を抹消するのとでは、将来的に天と地ほどの違いがでてきます。

 

クレジットカード時効援用

 

もう何年前になるだろう、大学を卒業し会社に入社して初めて作ったクレジットカード。
最初は良い調子で使っていたのだが、クレジットカードを作ってまもなく、数ヶ月にわたって支払いが滞ってしまった。
請求書の明細を見るとショッピングに利用していたクレジットカードが強制解約されていた。
原因は、収入とは不釣り合いな買い物や飲食通いをしたためだ。
いつしか、クレジットカードの枠は、めいっぱい。
借金の返済どころか生活費さえままならない状況になっていた。
すべては、自分の計画性のない生活を送ってしまった報いなのだ。

 

借金苦になっていた当時は、こんな風に嘆いていたのではないでしょうか。

 

その後は、クレジットカード会社から借金の催促の電話や督促状・催促状など数ヶ月は届いていたけど、いつの間にかなんの音沙汰もなくなってしまった。
何となく放置してしまった借金。もう、支払わなくてもいいのかな。。。

 

年月は過ぎて、結婚し子どもにもめぐまれ安定した収入も得られるようになってきた。
そんなある日、忘れた頃に昔の借金の督促状が届いて不安になったのではありませんか?
借金があることすら忘れて過ごしていたけど昔のクレジットカードの借金はやっぱり払わなきゃまずいのかな。

 

あなたは、借金にも時効があることを思いだしインターネットで【クレジットカード時効援用】と検索してみる。

 

「おっ、やっぱりクレジットカードにも時効があるんだな。もう、5年以上も前のことだから俺のクレジットカードの借金は時効だよ」と、安心してはいけませんよ。

 

そんなに世の中、甘くはありません。

 

クレジットカード時効援用

 

時効援用を完成させるための条件と注意事項を確認して下さい。
とても大切な要件です。

 

  • 商事債権である時効期間5年を時効の中断事由がなく経過していること
  • 借金をした人が、お金を貸し主に消滅時効を主張し援用すること

 

クレジットカードの借金の時効期間は、5年です。
クレジットカード会社などの債権は商事債権となりますので消滅時効は5年
ちなみに個人であれば10年となります。

 

あなたのクレジットカードの借金が支払われなくなった最後の支払日の翌日から数えて5年です。

 

クレジットカード時効援用

 

クレジットカード時効を成立するためには、いくつかの条件をクリアしていなければなりません。
以下にある時効の中断事由があるとクレジットカードの借金時効援用ができなくなる場合があります。
くれぐれも早まった行動は避けるべきです。慎重に行動しましょう。

 

  • 裁判所から訴訟・支払い督促など裁判所から請求があった場合
  • 債権者が差押え・仮差押え・仮処分を裁判所へ申し立てた場合
  • 債務を承認した場合

 

裁判所から請求があった場合は時効が中断されます。
債権者からの督促はコレにあたりません。

 

また、裁判所命令が決定してしまうと時効期間は10年に延長されてしまいます。

 

よくあるケースでは、クレジットカード会社からの催促書や督促状を無視したり捨ててしまう人がいらっしゃるようですが、裁判所から届く封書や通知書だけは、無視せず必ず確認しましょう。

 

裁判所から届いた督促状などには、2週間以内に異議申し立てなどおこなわなければ承認したこととなり時効援用はおろか、強制執行もあり得る最悪の状況となります。

 

強制執行では、あなたの資産の差押えや預貯金の差押え、会社の給与差押えなどがあります。

 

会社の給与の1/4が差押えの限度額とはいえ会社への作業負担や迷惑を考えるとあなたの会社の立場も辛くなるのではないでしょうか。

 

債務を承認した場合とは、クレジットカード会社から借金催促の電話などで借金があることを認めてしまった場合です。

 

たとえば、電話口で少額でもよいので支払ってくれとか、支払い計画書や返済計画書にサインを求められたり、借金の一部だけ支払ってしまうと時効の中断事由として時効が中断されクレジットカードの借金の時効援用ができなくなり、時効期間もリセットされてしまいます。

 

時効援用をしたあとのメリットやデメリットについて説明していきます。

 

時効援用を知った後も、実行に向けて一歩踏み出せない方が悩むポイントに、借金を時効した後に何か不利益なことがおきないかという疑問があります。

 

ここではメリットやデメリットをわかりやすく並べていきたいと思います。

 

クレジットカード時効援用

 

  • 過去にクレカの使いすぎでできた借金が消える

当たり前のことですが、時効援用が完成すれば返済義務がなくなるので、結果として借金が消えます。

 

  • クレジットカード会社からの請求に悩むことがなくなる

時効援用により返済義務が消滅するので、クレジットカード会社は請求する権利を失います。
裁判所に返済を求めて訴えたり、支払督促の申し立てをすることもできませんから、
給料や財産の差押えをされる危険もありません。

 

  • 時効援用により誰にも知られず借金をなくせる

通知を1枚だすだけなので、周りに知られずに時効援用は行えます。
自己破産のように官報に載るなどということもありません。

 

  • 将来的にクレジットカードを再び所持することができる

時効援用してスグという訳にはいきませんが、
CICやJICCといった信用情報機関から延滞してブラックになった情報が消えれば
クレジットカードを手に入れやすくなります。

 

  • 滞納している借金の負い目から解放される

借金を返していないことで感じていた負い目が消え、
いつ請求されるかわからないというストレスもなくなります。

 

  • 請求がこないので住民票を現在の住まいに変更できる

現在の住所に住民票をうつせるので、住民向けのサービスをうけることができます。
住民票がないために不便を強いられている事(パスポートの取得など)も実現できるようになりますよ。

 

時効援用するメリットは上記のようなモノですね。やはり借金の請求がもう届かないというのが最大のメリットかもしれません。
いままでクレジットカードの借金がいつ返済を迫られるのかと不安によるストレスが解消されることで、今後の人生に明るい光が見えてくることでしょう。

 

逆に時効援用のデメリットといえるものもあげてきましょう。

 

 

クレジットカード時効援用

 

次はクレカの時効援用のデメリットについて説明していきます。

 

  • 信用情報機関に事故情報が残る

信用情報機関のJICCは時効援用すると事故情報が抹消されますが、
CICは5年間異動情報を残します。
そのため、時効援用後5年は住宅ローンやオートローンを申し込んでも
審査を通過するのが困難です。
同じ理由から、クレカやキャッシングの審査も落ちやすくなります。

 

  • 時効援用先のカードを申し込んでも瞬殺される

時効援用した先のクレカ会社からは、ブラックリスト扱いされ
今後クレジットカードを申し込んでも瞬殺されるでしょう。

 

  • 過払い金の請求ができない

クレジットカードのキャッシングやリボ払いの返済を長年続けていた場合
過払い請求を受けることができる可能性がありますが、
時効援用すると過払い請求をする権利を失います。
事前に専門家に相談すれば、利息引き直し計算をしてもらうことで回避できます。

 

クレジットカードの時効援用をすることで起こるデメリットは避けることが困難です。ただし借金を滞納し続けるデメリットとくらべれば軽微といえます。時効援用する際には家の購入などが遅くなるといった不利益なコトが起こるというのは知っておくべきでしょう。

 

クレジットカード時効援用

 

クレジットカードの時効援用は自力でやっても難しい手続きではありません。

 

ただ時効制度を利用することで返済から逃げられるとだけ考えて、安易に時効援用するのは失敗の可能性もあるだけに辞めて、成功するかどうかを冷静に見極めないといけません。

 

自信がないなら専門家に相談し、第三者目線で成功するか判断してもらうことも、ミスをしないための重要なポイントです。

 

時効援用のメリットやデメリットを考えると、完済する決断を選んでもいいんじゃないでしょうか。

 

ただし、クレジットカードの時効援用が簡単にできるなら、借金をしても踏み倒せばいいなんて考えをするのだけはやめてくださいね。

 

借金の時効を成立させるにはそれなりの知識や要件が満たされることが必要となります。

 

時効期間を迎えているのに督促状や催促状が届いたらすぐに専門家へ時効援用の相談することをオススメします。